ニッパーのシステムトレード研究所

株式投資の新しい形「システムトレード」を研究中!

イザナミを駆使する日本株トレーダーの勉強ブログです。
twitterもやってます。
祝!雑誌掲載

↓ここに出てくる一行ニュースは超必見!

2011年11月

個人投資家必見、アルゴリズム取引の凄さが何となく分かる動画「アルゴリズムが形作る世界」

最先端のアルゴリズムトレードの世界を紹介してくれている動画がありました。

$ニッパーのシステムトレード研究所
ケヴィン・スラヴィン 「アルゴリズムが形作る世界」


15分ほどの英語のプレゼンテーションですが、日本語字幕がついてるので安心。ドキドキ

こちらには、日本語訳全文がおいてあります。


ステルス機の例えで話してますけど、アルゴリズムトレードって証券会社の大きな発注を悟られないようにするために、ものすごーく細かい注文に分けながらちまちまっと注文を繰り返すみたいです。
---------------------------------
空中の156トンの鋼鉄の塊が、単にレーダーをくぐり抜けるというのは基本的にできません。消すことはできないのです。しかし巨大なものを、何百万という小さなものに、何か鳥の大群のようなものに変えることはできます。するとそれを見たレーダーは鳥の群れだと勘違いします。この点でレーダーというのはあまり有能ではないのです。
---------------------------------

さらにアルゴリズムトレードではマイクロ秒を争う世界のため、いかにサーバーをコロケーションセンターに近くに置くかが大事になっているみたいです。
近くのビルを改造してサーバーだけのビルにしてみたり、さらにニューヨークとシカゴの間に825マイルに専用の光ファイバーを引いたり。
たった数マイクロ秒を稼ぐために、過剰とも思えるようなすごい投資と環境づくりを行なっているみたい。


ところで「アルゴリズム」はもう既に人知を超えた領域に達していて、作っている本人達も結果がどうなるかよくわからないで作っているところがあるようです。
「なんだかわからないけど、すんげぇ儲かるアルゴリズムできた!」みたいな感じ。にひひ

その最たる例が、2010年5月6日のフラッシュクラッシュ。わずか数分の間にダウ平均が1000ドル近く下落した現象。
実はこの現象、未だになぜ起こったのか答えが出てないのです。

そして米amazonでも似たような事件が。とあるハエの本がなぜか170万ドルに。しかもそこから2,360万ドルまで跳ね上がるということがあったとのこと。

価格を決めるアルゴリズム同士がお互いのループ処理に陥り、通常では考えられない値を弾きだしちゃったみたいです。あせる

あちこちでアルゴリズムの暴走の兆しが見えてるみたいですね。



結局のところケヴィン・スラヴィンさんは警鐘を鳴らしているんですね。

http://www.ted.com/talks/lang/ja/kevin_slavin_how_algorithms_shape_our_world.html
---------------------------------
ケヴィン・スラヴィンは、アルゴリズムのためにデザインされ、コンピュータプログラムによるコントロールが広がり続ける世界に我々は生きていると言います。
TEDGlobalで行われたこの魅惑的な講演で、彼は複雑なコンピュータプログラムがいかに多くのことを決しているかを示しています。
諜報戦略、株価、映画の脚本、建築デザイン。
そして私たちがもはや読めもしなければ結果をコントロールすることもできないコードを書いていることに警鐘を鳴らしています。

---------------------------------

行き着くところまで行かないと、今の流れは止まりそうにありません。

そのうちアルゴリズムトレードが世界経済を震撼させるとんでもない事件が起こしそうな予感がしますね・・・。

我々個人投資家はどうやって立ち向かったらいいものか。考えさせられるなぁ。わんわん

リンク

->ケヴィン・スラヴィン 「アルゴリズムが形作る世界」


高値を狙って好成績という超順張り戦略が登場!その名も「super高値キャッチ」

$ニッパーのシステムトレード研究所

最近アクセス数がいい記事(裁量いれて大失敗!シストレの優位性が解る典型的な例を告白してくれたのは・・・?)の主役tmstar777さんから新戦略が発売されました。
 
->2011年11月24日(木) super高値キャッチ新発売です!

------------------------------------------------
上昇している銘柄の勢いが少し弱まったところで、購入するストラテジーです。初押しは買いがコンセプトです。ブレイクアウトと押し目の中間的な位置づけです。上昇の波に乗って利益を出そう。
------------------------------------------------

「ブレイクアウトと押し目の中間」というあまり聞いたことのないコンセプト。

シストレでは難しいと言われる順張りブレイクアウト系戦略なのに、この直近3ヶ月のイマイチ相場で3連勝、合計+23.4%というマジか?!というウルトラ成績。カゼ

ブレイクアウト戦略は勝率が低いというのが通説だとおもうのですが、一体どうなっているのか?!

きになるぅ~~~!!


しかし以下紹介ページをみるかぎり必要資金は500万円のようですね。うーむ、ニッパー的には予算オーバーだなぁ・・・。

だけどドローダウンも低いし、案外低リスク。イザナミ2のランキング機能を使っているそうなのでこのへんに秘密があるのかも?!

予算に問題ない方、順張りブレイクアウトの好成績戦略の仕組みに興味がある方はぜひチェックを!わんわん

リンク

->super高値キャッチ
Twitter
日本株株式投資やってます。 システムトレードやってます。 大負けしないし、オロオロしなくなりました。 ブログコツコツ更新中。
Googleで記事検索
記事検索
ニッパー的シストレソフトランキング
1位:イザナミ  [使い方]

↑銘柄管理リストや汎用的なスクリーニング、検証結果の保存などストラテジー(戦略)開発支援機能が充実。個人なら1ライセンスで3台のPCにインストール可なのでお買い得な面も。

2位:株システムトレードソフト シストレ魂
↑イザナミにない指標や機能あり。最近活動停滞中。

3位:システムトレードの達人

↑斉藤さんファン必見。イザナミや検証くん等と比べると機能はやや不足気味。将来性に期待。

4位:検証くん
↑機能は達人に勝るそうですがヤフオクしか入手経路がないのです。

5位:パイロン
↑資産管理機能がないのが痛いです。
アーカイブ
  • ライブドアブログ