ニッパーのシステムトレード研究所

株式投資の新しい形「システムトレード」を研究中!

イザナミを駆使する日本株トレーダーの勉強ブログです。
twitterもやってます。
祝!雑誌掲載


↓ここに出てくる一行ニュースは超必見!

※当ブログからのリンクにはアフィリエイトリンクが含まれています。

2011年06月

来たぞ新作!2つの超期待値重視型【イザナミ公認】買い戦略が同時リリース!

$ニッパーのシステムトレード研究所

トレジュームさんで新作の戦略(ストラテジー)が発売されました。ニコニコ

2つ同時リリースでどちらも買い戦略です。

->2011年6月24日(金) 2011年+120万!2つの超期待値重視型【イザナミ公認】買い戦略同時リリースです!
->クレイモア
->鉄壁スイングガード2

この2つ、どちらも買い戦略でありながらシグナルが非常にかぶりにくい内容となっており、
セットで使える相性のいい戦略になってます。音譜

なんといってもこの2つの戦略の特徴は1トレード当たりの期待値が「1.9%」という高数値!

1.9%といってもいまいちピンとこない方もいると思います。

これは簡単なイメージですが、1トレード当たり100万円投資すれば、19,000円のリターンが期待できると思ってもらえればいいでしょう。

※毎回19,000円儲かるというわけではありません。あくまで長期的に、統計的にみると、1回あたりコレくらいのリターンが見込めるという数値です。

あのゴッドブレスでも1.6%ですから、その期待値の高さが分かるかと思います。クラッカー


売り文句の中に気になるキーワードがこちら。

・マーケットインパクトを抑制する仕組みを導入
・出来高系の指標を導入することにより、「底の抽出精度の向上」を実現!


マーケットインパクトを抑制する仕組み?最適分散投資の投資上限制限を使うわけじゃないのかな?
出来高系の指標ってなにかなぁ。移動平均(出来高)かな?
でもこれをどう使えば、「底の抽出」というのができるんだろう・・・?

ニッパーが考えられる方法をいくら試しても、あんな資産曲線は描けませんでした。汗

うー、中身が気になる~~目


2011/06/26現在、最近の成績が悪い順で3番目という不名誉な成績となってしまった「鉄壁スイングガード」。

リベンジを果たすべく、以下のようにスーパーパワーアップして帰ってきました!

・マーケットインパクトをなるべく抑える仕組みを導入
・指標を完全に入れ替え、前作よりもさらにロジックをシンプルにして過剰最適化を防止
・レバレッジ/シグナル数フィルター未使用
・利回り/期待値/シグナル数/シグナル発生バランスなど、ほぼ全能力をパワーアップ
・震災時の結果を織り込み、リスク管理能力をさらに向上


ニッパー的には「レバレッジ/シグナル数フィルター未使用」という点が気になりますね。
これらを使わずにあの資産曲線を描けるというのは、凄いと思います。

なにより「リスク管理がより強固になった」という点もポイント。手裏剣

リスク管理と一言でいっても具体的にどんなルールになっているのか・・・?気になる気になる得意げ


2つの新作戦略は、例によって3ヶ月間はフォワードテスト期間割引中。¥

期待値の高い売買ルールを探している方は要チェックですよ。わんわん

リンク

->2011年6月24日(金) 2011年+120万!2つの超期待値重視型【イザナミ公認】買い戦略同時リリースです!
->クレイモア
->鉄壁スイングガード2

自動的に安く買って高く売るFXソフトが開発され、FX初心者が一夜で大金持ちに・・・なるわけない!

$ニッパーのシステムトレード研究所

シストレと言えばFXで自動売買というのが一般的な理解のようです。

そんなFXの自動売買サービスのひとつとして、
最近はマネースクウェア・ジャパンの「トラップリピートイフダン(通称トラリピ)」というサービスのCMをよく見かけるようになりました。

->マネースクウェアジャパン

上記の虎のキャラクターで有名ですね。ニッパーもこのキャラは可愛いので好きです。ドキドキ


さて、このトラリピというサービスは何かと簡単に言うと
初心者でも簡単に、売りと買いの条件を設定でき、かつ、自動売買ができるというステキなサービス。

こんな感じの画面で質問に答えていくだけで、システムトレードの条件設定が出来ちゃうのです。

$ニッパーのシステムトレード研究所

これは簡単♪


しかしニッパーが気になったのはこの選択肢。

$ニッパーのシステムトレード研究所

ええ!損切り設定無しって選べちゃうの?!

初心者向きなら、特に損切りの設定は必須にすべきじゃないでしょうか?



結局、自動売買になったところで、勝てる売買ルールが作れなければ、勝てません。
これといった検証もしないで気軽に自動売買を行っちゃうと、あっという間に取引回数が多くなって、気がついたら資金0なんてことがありそう・・・。気軽すぎるのも考えものです。あせる

じんぱちさんも「トラリピを運用するにはリスク管理能力いりますよ。」とおっしゃってますね。
->トラリピ 逆指値モード

自動で取引が行われるからこそ事前の検証と、正しく動作しているかの監視が必要だと思います。

忙しいサラリーマンには厳しい気がするなぁ・・・。


日足ベースの戦略で夜シグナル確認&発注すればいいい、株システムトレードのほうが、忙しいサラリーマン向けだとニッパーは思いますよ。わんわん

リンク

->マネースクウェアジャパン
->自動的に安く買って高く売るFXソフトが開発され、FX初心者が一夜で大金持ちに




Twitter
日本株株式投資やってます。 システムトレードやってます。 大負けしないし、オロオロしなくなりました。 ブログコツコツ更新中。
Googleで記事検索
記事検索
ニッパー的シストレソフトランキング
1位:イザナミ  [使い方]

↑銘柄管理リストや汎用的なスクリーニング、検証結果の保存などストラテジー(戦略)開発支援機能が充実。個人なら1ライセンスで3台のPCにインストール可なのでお買い得な面も。

2位:システムトレードの達人

↑斉藤さんファン必見。イザナミや検証くん等と比べると機能はやや不足気味。将来性に期待。

3位:株システムトレードソフト シストレ魂
↑イザナミにない指標や機能あり。サービス終了しちゃった。

4位:検証くん
↑機能は達人に勝るそうですがヤフオクしか入手経路がないのです。

5位:パイロン
↑資産管理機能がないのが痛いです。
アーカイブ
  • ライブドアブログ