ブログパーツ アクセスランキング

ニッパーのシステムトレード研究所

株式投資の新しい形「システムトレード」を研究中!

イザナミを駆使する日本株トレーダーの勉強ブログです。
twitterもやってます。
祝!雑誌掲載

↓ここに出てくる一行ニュースは超必見!

イザナミで試すシリーズ

 

簡単!相場の「底」が上がってきてることを客観的に調べる方法

簡単なテクニック

イザナミの銘柄一覧で移動平均乖離率の小さい順にソートしてみると一発です。

調整下落で日経平均15000円を割ったにもかかわらず、25日移動平均乖離-10%以上の銘柄はたった6銘柄。

000000

そのひと月前(25日前)はというと、多すぎて画面に収まりません。

111111111

こういう数を相場情報で使ってみるのも手ですね。

リンク

新提案「寄り付きギャップダウン率フィルター」

hamhamsevenさんのブログで逆張りについての記事がでてました。

ニッパーも逆張りについて考えてみました。

いいフィルターというか相場判定がないかなーと考えてみたのですが、いいの出来ましたよ。

名づけて「翌日ギャップダウン率フィルター」!

当日の寄り付きを調べて-1%以上ギャップダウンした銘柄率が75日平均の2倍以上なら、逆張りGO!という相場判定。

相場全体がいきなり下げまくって始まったら、絶好の逆張りチャンス!という考えです。

↓相場情報の設定

GD00

GD01

GD02

↓最適分散投資のフィルタ設定

GD03

イザナミの標準?逆張り設定である仕掛け「終値と移動平均(15日)の大幅乖離(-10%以上)」、手仕舞い「建値からの固定幅ブレイク(±5%)」の逆張りルールで、最適分散投資の初期設定(500万&シグナル数フィルター)の成績とくらべて見ました。

↓初期設定

結果before

↓翌日ギャップダウン率フィルターにしたバージョン

結果after

おおー!最大ドローダウンがすごく減って、最終的な損益もちょい増量♪

ただしこの設定、寄り付き直後にタワーなどのリアルタイムデータ株価サービスを使うなどして、始値のデータを作ってイザナミに取り込んでシグナルだししたあと急いで発注しなくてはいけないという、サラリーマンには運用不可能という大欠点があります。

ただ寄り付きの情報を使うとリスクを減らす効果があるというのは、知っておくべき知識だと思います。

あとはどう現実的な運用スタイルに落とせるかが問題ですねー。だれか代理発注サービスみたいなの作ってくれないかな。

リンク

PR
Googleで記事検索
記事検索
市販戦略(ストラテジー)レビュー
ラッコ氏ブログ



Sandさんブログ
ボラタンS[解説]
ボトレ[解説]
ヒュプノス【トランザム】[解説]
トレイルラボ[解説]
コキュートス(L)[解説]
キャンドルストライク[解説]
利極[解説]


おーじさんブログ
ヒュプノス【トランザム】[解説]
バーストラボ2[解説]
ブレイクラボ2[解説]
トレイルラボ[解説]
コキュートス(L)[解説]
アミテリス[解説]
バウンドセンティネル[解説]
バーストラボ[解説]
ラヴェナス[解説]
ヒノカグ【リフレクト】[解説]
デルタホライザー[解説]
スイングキュルシステムフルセット[解説]
ヒノカグ【ボラティリティ】[解説]
ゴッドフリート2[解説]


ニッパーブログ
ゴッドブレス2[解説]
デルタホライザー[解説]
アセンドインパクト[解説]
スウェルインパクト[解説]
スイングキュル[解説]
super高値キャッチ[解説]
デュアルインパクト[解説]
ゴッドブレス改[解説]
ゴッドブレス/[解説]
一日一買[解説]
マッハバウンド[解説]
神風バースト[解説]
龍神[解説]
わらしべハイパー2[解説]
鉄壁スイングガード[解説]
日計りマイスター[解説]
リミットスコープ[解説]
超安定ベースアクシス_s1[解説]
50万円からのステップアップ投資[解説]
ボリンジャーロング_lc1[解説]
ニッパー的シストレソフトランキング
1位:イザナミ  [使い方]

↑銘柄管理リストや汎用的なスクリーニング、検証結果の保存などストラテジー(戦略)開発支援機能が充実。個人なら1ライセンスで3台のPCにインストール可なのでお買い得な面も。

2位:株システムトレードソフト シストレ魂
↑イザナミにない指標や機能あり。最近活動再開中。

3位:システムトレードの達人

↑斉藤さんファン必見。イザナミや検証くん等と比べると機能はやや不足気味。将来性に期待。

4位:検証くん
↑機能は達人に勝るそうですがヤフオクしか入手経路がないのです。

5位:パイロン
↑資産管理機能がないのが痛いです。
  • ライブドアブログ