ブログパーツ アクセスランキング

ニッパーのシステムトレード研究所

株式投資の新しい形「システムトレード」を研究中!

イザナミを駆使する日本株トレーダーの勉強ブログです。
twitterもやってます。
祝!雑誌掲載

↓ここに出てくる一行ニュースは超必見!

2018年06月

2018年上半期好調報告が続々と!

P1000854_400x400

■1行ニュースから通用する戦略判断

新イザナミ公認売買ルール「ミニマムドリームSV」「ミニマムドリームZ」リリースです!
【7月16日までの期間限定】ミニマムドリームセットも同時発売!

昨日と一緒でした。

ミニマムドリームセットというのもあるそうです。

ミニマムドリームシリーズは、従来戦略にはなかった「低位株を専門としたシステム」です。
低位株の魅力は、
・高いボラティリティ(変動幅)による高期待値
・また、従来戦略とはまったく異なる銘柄にシグナルが出やすいため、資金効率の向上に有用
といった点で、中でも「資金効率の向上」という観点において大きなアドバンテージがあると考えられます。

ただ一方、
低位株はそのボラティリティの大きさゆえにDD(ドローダウン)が大きくなりがちで、
戦略開発難易度は高いという点があります。
当システムではDD抑制のための様々な工夫が施された内容になっております。
また、逆指値や寄指未使用となっており、
検証誤差が小さくなるよう工夫されている点は特筆すべき点かもしれません。

ミニマムドリームSVは、ミニマムドリームシリーズ全体の中で、
「相場判定をコアとした上でバランスを考慮した順張り買い+逆張り買い戦略」です。
・相場情報により上昇相場を判定し、利確・損切りを徹底した保有日数長めの順張り買い
・順張り買いでシグナルが出ない日を補完する、非常にシンプルな逆張り買い
の2つで構成されており、
株価制限の上限が低く、低位株シグナルのみとなるので、
従来戦略とはまた違った銘柄にシグナルが出ることが期待されます。

一方ミニマムドリームZは、
「資金効率の向上+ポートフォリオバランスの向上」が最大の目的となる買い戦略です。
相場情報をコアとした構成で、特に以下の点が特徴です。
・売買代金制限がSVよりも大き目
・相場情報により通常相場と下落相場を判定した上でロジックを切り替え
・非常にシンプルな構成にすることにより、過剰最適化の可能性を抑制
・過去の総シグナル数が多く、シグナル発生頻度が非常に高い
1トレードあたりの期待値よりは、シグナル数を重視したコツコツ型
ミニマムドリームSVのポジションがない時期を補完する役割があり、
相乗効果による資金効率向上に期待がかかります

とのことです。

■今日一番反応があったTweet

2018年上半期 +5億・・・

頑張ることで順調にできるのが凄い。

ニッパーも頑張らなきゃなぁ。

 

■月曜仕掛けるかもしれない銘柄

2385 マザーズ 総医研ホールディングス

2721 JASDAQ ジェイホールディングス

3784 東証1部 ヴィンクス

4563 マザーズ アンジェス MG

4570 JASDAQ 免疫生物研究所

8698 東証1部 マネックスグループ

 

■取引

3680の売りで今年一番の大損害。

コツコツドカンのドカン頻度が高いなぁ。困った。

3082 3266でちょっと利益。

またノーポジです。7月からいい風吹いてほしい!

6/29の材料銘柄(岡三オンラインマガジンより)

(2484)夢の街創造委員会
27日の18年8月期第3四半期決算では減益であったことで売られたが75日線で止まり、切り返した。75日線が下値サポートとなることができるか。
(3772)ウェルス・マネジメント
26日にキーストーン・パートナースとの資本・業務提携契約の締結を発表し、2日間連続で上昇。出来高も急増し、下落トレンドであった75日線を突破。次は下値支持線とすることができるか注目。
(3938)LINE
決済サービス「LINEペイ」は先行投資がかさむものの、キャッシュレス化社会に向けて注目度は高い
(4387)ZUU
上場直後のもみ合いから上に抜け上昇。出来高も増加しており、まだしばらくは日中での値幅がでそう。
(6758)ソニー
今後は車載向けイメージセンサーを強化へ。足元では商いを伴って強い動きが続いている
(9262)シルバーライフ
高齢者向け配食サービス等を手掛ける。8日の3Q決算発表以降株価は堅調推移となっている
(9843)ニトリ
28日の19年2月期第1四半期決算では経常利益は前年同期比17.9%増、通期予想は5.4%増。株価は6月19日高値から-10.2%下落している。

Googleで記事検索
記事検索
ニッパー的シストレソフトランキング
1位:イザナミ  [使い方]

↑銘柄管理リストや汎用的なスクリーニング、検証結果の保存などストラテジー(戦略)開発支援機能が充実。個人なら1ライセンスで3台のPCにインストール可なのでお買い得な面も。

2位:株システムトレードソフト シストレ魂
↑イザナミにない指標や機能あり。最近活動再開中。

3位:システムトレードの達人

↑斉藤さんファン必見。イザナミや検証くん等と比べると機能はやや不足気味。将来性に期待。

4位:検証くん
↑機能は達人に勝るそうですがヤフオクしか入手経路がないのです。

5位:パイロン
↑資産管理機能がないのが痛いです。
  • ライブドアブログ