$ニッパーのシステムトレード研究所

江戸時代の相場師本間宗久によって考案されたローソク足を利用したテクニカル分析「酒田五法」。

未だに様々なサイトや本で取り上げられ、高い人気を誇っています。ラブラブ

しかし、これが本当に現代の株式投資に通用するのかどうか、正確に検証したデータは存在しませんでした。

そう、いままでは・・・。

目次
--------------------------------------------------------------------------------------------
はじめに 歴史は繰り返す

1. 株価予想について
注意点
ローソク足とは
本書のページ構成
2. 27年間全取引の統計結果
判断方法
判断基準
3. 並び黒
4. 並び赤
5. 下放れ並び黒
6. 上放れ並び赤
7. 三川明けの明星
8. 三川宵の明星
9. 明けの明星(十字星)
10. 宵の明星(十字星)
11. はらみ線(陰・陰)
12. はらみ線(陽・陽)
13. はらみ線(陰・陽)
14. はらみ線(陽・陰)
15. 上ヒゲ(陰)
16. 上ヒゲ(陽)
17. 下ヒゲ(陰)

18. 下ヒゲ(陽)
19. つつみ線(陰・陽)
20. つつみ線(陽・陰)
21. たくり線(下ヒゲ)
22. 振り分け線(陰・陽)
23. あて首線
24. 差し込み線
25. 切り込み線
26. かぶせ線
27. 首吊り線
28. 三兵三羽崩れ
29. 三川明け烏
30. 三空叩き込み
31. 三空踏み上げ
32. 前日5%以上アップ
33. 前日5%以上ダウン
34. 2連続ストップ安後停滞
35. 2連続ストップ高後停滞
36. 3連続ストップ安後停滞
37. 3連続ストップ高後停滞
さいごに

付録 インタビュー

--------------------------------------------------------------------------------------------

今回ご紹介する本、ローソク足パターンの傾向分析では、上記の目次通り多くの手法を検証してくれています。

その検証に使われた株価データが、なんと27年間3862銘柄1483万5838取引!!。

これはすごいですね。どこからそんな株価データを手に入れたのでしょうか。

この膨大なデータを用いて、本当に有効な手法であるのかを一つ一つ解説してくれています。

紹介しているパターンの中で通説とは逆の結果も!?

これは読んでからのお楽しみ。わんわん


イザナミなど検証ソフトを使ってみるとわかるのですが、

実際に検証をしてみると通説というのはいかに信用できないものなのか、実感できますね~。

ちなみにこの本は先端システムトレード研究室のトミーさんも紹介しています。



[詳細]ローソク足パターンの傾向分析