ブログパーツ アクセスランキング

ニッパーのシステムトレード研究所

株式投資の新しい形「システムトレード」を研究中!

イザナミを駆使する日本株トレーダーの勉強ブログです。
twitterもやってます。
祝!雑誌掲載

↓ここに出てくる一行ニュースは超必見!

2011年02月

指標を知るシリーズ:RSI。調べてみるといままでしらなかった一面が見えてきますね

$ニッパーのシステムトレード研究所

世の中には色々テクニカル指標がありますが、ニッパーはどういうときにどんな値になるのかというのはあんまりわかってないなと思い調べてみました。目

今回のお題はRSI。

読み方は「あーるえすあい」。

Relative Strength Indexの頭文字で、日本語でいうと「相対力指数」。

日本語に直しても名前からはよく意味がわかりませんね。あせる


RSIを詳しく見てみよう

RSIは過去の指定期間内における株価の変動幅(値幅) から、現在の株価の割高・割安を判断する株価指標です。
計算式はこのようになってます。

 RSI = ( 上げ幅合計 ÷ ( 上げ幅合計 + 下げ幅合計 )) × 100

指定期間で下げまくると0に近づき、逆に上げまくると100に近づくわけです。

一般には
・RSIが70%以上で売り。
・RSIが30%以下で買い。

なんて言われてますが

結局RSIも、一定期間内での株価の位置を表した指標なんですね。

株価位置や前に調べたやストキャスティクスに目的は近いです。

->指標を知るシリーズ:ストキャスティクス%K


RSIをチャートに出して比べてみよう

とはいえ、上げ幅/下げ幅をもとに計算しているので、単純な株価位置とは違った数字になります。

イザナミのチャートに出してグラフで見てみました。

$ニッパーのシステムトレード研究所

緑の線が株価位置(14日間)(イザナミでは「終値の位置」)、赤い線がRSI(14日間)です。


株価位置が上下に激しく動いてるのに対して、RSIは比較的上下幅が少ないです。

こうしてみることで、株価位置と比べてRSIは、少しなだらかなチャートイメージになるのがわかりました。

このような特色を理解した上でルールをつくると効率よく作れそうですね。

参考になれば幸いですわんわん

リンク

->シストレ話:同じような指標を同時に使ってもしょうがないというお話(RSI/移動平均乖離率)
->『本格的システムトレード開発ソフト イザナミ』

今日はシグナル報告のみー

$ニッパーのシステムトレード研究所

今日は忙しかったので、シグナル報告のみです。ベル

リミットスコープ改で運用中ですが
今日朝仕込んだ銘柄は、またもや敗北。
ちょい負けがコツコツ積み重なっていてドローダウン更新中。

次のシグナルは出てたんですが資金管理ルールに合わず見送り。

耐え時なんでしょうが、いいとこ無いなぁ。
いつになったら反発するのかなぁ~。わんわん
Twitter
日本株株式投資やってます。 システムトレードやってます。 大負けしないし、オロオロしなくなりました。 ブログコツコツ更新中。
Googleで記事検索
記事検索
ニッパー的シストレソフトランキング
1位:イザナミ  [使い方]

↑銘柄管理リストや汎用的なスクリーニング、検証結果の保存などストラテジー(戦略)開発支援機能が充実。個人なら1ライセンスで3台のPCにインストール可なのでお買い得な面も。

2位:株システムトレードソフト シストレ魂
↑イザナミにない指標や機能あり。最近活動再開中。

3位:システムトレードの達人

↑斉藤さんファン必見。イザナミや検証くん等と比べると機能はやや不足気味。将来性に期待。

4位:検証くん
↑機能は達人に勝るそうですがヤフオクしか入手経路がないのです。

5位:パイロン
↑資産管理機能がないのが痛いです。
アーカイブ
  • ライブドアブログ